石田ゆり子 ニュース

石田ゆり子、フォト&エッセー集が写真集部門で首位 オリコンランキング

石田ゆり子さんのフォト&エッセー集「Lily ――日々のカケラ――」の表紙
石田ゆり子さんのフォト&エッセー集「Lily ――日々のカケラ――」の表紙

 2月1日に発表されたオリコン週間本ランキング(5日付)によると、1月30日に発売された女優の石田ゆり子さんのフォト&エッセー集「Lily ――日々のカケラ――」(文藝春秋)が約9000部を売り上げ、写真集部門で1位を獲得した。

 「Lily ――日々のカケラ――」は、全編撮り下ろし写真で構成されたフォト&エッセー集。石田さんの書き下ろしのエッセーや本心に迫ったロングインタビュー、美の秘訣(ひけつ)やお気に入りのレシピ、自身が描いたイラスト付きのQ&Aなどを掲載している。10代のころからとことん自分と向き合い、もがいた中で得た、“石田流哲学&美学”が詰め込まれた一冊になっている。

 なお、コミックエッセー部門では、10月31日に発売されたお笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎さんの「大家さんと僕」(新潮社)が、約1万3000部を売り上げ6週連続の首位を獲得。総合部門でも8位に入っている。

石田ゆり子、ビビッドカラー、肌見せ、ベロアを大人可愛く 17年のアラフィフファッションを振り返る

7月に「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の完成披露試写会に登場した石田ゆり子さん
7月に「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の完成披露試写会に登場した石田ゆり子さん

 アラフィフとは思えぬ可愛らしさと、愛猫や愛犬の様子をつづったインスタグラムで今年も注目された石田ゆり子さん。出演するドラマやCMの会見に出席したほか、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」に選ばれて表彰式に出席した。ピンク、ブルー、イエローなどビビッドなカラーのアイテムや、流行の“透け感&肌見せ”アイテムを品良くかつ大人可愛く着こなした、石田さんの公の場でのファッションを振り返る。

 ビビッドカラーと流行アイテムを組み合わせたのは7月、星野源さん主演のWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の完成披露試写会で見せたファッション。ブルーの総レーストップスでほんのり“肌見せ”をし、ネービーのプリーツスカート、黒いオープントゥパンプスを合わせて上品に仕上げた大人のコーディネートだった。

 また10月には、パナソニックの新製品発表会に、ビビッドカラーに昨年から流行しているボタニカル柄のアイテムを合わせたファッションで登場した。胸元にフリルが付いた色鮮やかなイエローのトップスを、黒地にゴールドのボタニカル柄スカートにインした大人可愛いスタイルで、華奢(きゃしゃ)なブレスレットとリング、パールをあしらったフープイヤリングを合わせて品良くまとめていた。

 ビビッドカラーをシンプルに着こなしたのは、1月に行われた「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式。ビビッドなピンクのトップスに黒のパンツといういでたちで、ラメのパンプスを合わせて華やかさをプラス。モノトーンファッションの出席者が多い中、大人の可愛らしさが際立つファッションだった。

 また4月、杏さん、篠原涼子さん、宮沢りえさんとともに出席した資生堂の「新プロジェクト発表会」では、真っ赤なロングワンピースに、紫がかった赤のロングジャケット、ピンクのパンプスというシンプルながら存在感のあるグラデーションコーデだった。

 10月には、篠原さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の会見に、白いノーカラーシャツに、白いパンツ、白いひざ上丈のジレを合わせたホワイトコーデで登場。ジレのウエストのリボンを緩めに結んで、パール系のイヤリングを合わせて“きちんと感”を出した着こなしで、今年注目されているベロア風生地のピンクのパンプスを合わせることで、さりげなくトレンド感と色のアクセントをプラスしていた。

石田ゆり子:スカーフ付き黄トップス×ハイウエストスカートで大人可愛く

パナソニック新製品発表会に登場した石田ゆり子さん
パナソニック新製品発表会に登場した石田ゆり子さん

女優の石田ゆり子さんが10月19日、東京都内で行われたパナソニック新製品発表会に登場。石田さんはスカーフ付きの色鮮やかなイエロートップスを黒のハイウエストスカートにインした大人可愛いファッション。袖を折り返した左手首には華奢(きゃしゃ)なシルバーのブレスレット、右手の薬指にはシルバーのリングを光らせていた。

この日は、CMで石田さんと夫婦役を演じる俳優のムロツヨシさんも登場し、2人でキッチンやバスルーム、メークルームを体験。石田さんは「ムロさんは見ての通り優しい、すてきな方。頭のいい、キレのある、身が軽い、素晴らしい方です」と笑顔で夫を持ち上げ、“できる妻”を演じ切っていた。

一方、ムロさんもことあるごとに「うちのゆり子」「妻のゆり子」を連発し、イベントを盛り上げていた。

石田ゆり子:篠原涼子も気になる“美しさの秘訣”語る

10月23日から放送の連続ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の会見に登場した篠原涼子さん(左)と石田ゆり子さん
10月23日から放送の連続ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の会見に登場した篠原涼子さん(左)と石田ゆり子さん

女優の石田ゆり子さんが10月13日、フジテレビ本社(東京都港区)で行われた同局の新“月9”ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の会見に、主演の篠原涼子さんと出席。石田さんと篠原さんは「美しさの秘訣(ひけつ)と美容法」を聞かれ、篠原さんが石田さんに「ゆり子さんって何をされてるんですか」と興味津々に聞くと、石田さんは「ずっとピラティスをやっています。子供のとき、水泳選手だったのでベースに筋肉が」と照れ笑いで語った。

石田さんと篠原さんがドラマで共演するのは初めてで、石田さんは、篠原さんについて「篠原さんの役なのか、彼女自身なのか分からない感じがすごく好きで、一緒にお芝居をしたいとずっと思っていました。その通りのすてきな方でした。(共演は)うれしかった」とほほ笑んだ。会見には、共演の高橋一生さん、前田敦子さん、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司さんも出席した。

ドラマは、篠原さん演じる新米“ママさん”市議会議員が声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を素人目線、女性目線でぶった斬っていく……という痛快エンターテインメント作品。10月23日午後9時から放送。初回は15分拡大版。

石田ゆり子:“生つま先”披露に「恥ずかしい」と赤面 “夫”ムロツヨシの印象は…

パナソニック新製品発表会に登場した石田ゆり子さん
パナソニック新製品発表会に登場した石田ゆり子さん

女優の石田ゆり子さんと俳優のムロツヨシさんが10月19日、東京都内で行われたパナソニック新製品発表会に登場。石田さんは、パナソニックが提案する寝室用メークルーム「サロン ア・ラ・メゾン」でフットケアを体験し、“生つま先”をムロさんやカメラの前で披露すると、「恥ずかしい」と小声で漏らし、照れ笑いを浮かべた。

パナソニックのCMで夫婦役を演じる石田さんとムロさんは、新製品を体験しながら、仲むつまじい姿を披露。互いの印象を聞かれると、石田さんは「ムロさんは見ての通り優しい、すてきな方。頭のいい、キレのある、身が軽い、素晴らしい方です」と、笑顔で夫を持ち上げていた。

そこでムロさんは、石田さんの発言に「もっと言ってください。もっと言いましょう、ゆり子さん」とうれしそうに反応。さらに「僕の人生で、ゆり子さんの旦那を生きる時間があるということに、逆に自分を褒めたい。よくぞここまで、のし上がったなって……」と感慨深げで、報道陣に向かって「どうぞ撮ってください、うちのゆり子を。旦那のムロツヨシです」とアピールし、会場の笑いを誘っていた。

石田ゆり子:透け感レース&プリーツで大人の上品ワントーンコーデ 仲里依紗は赤ミニワンピで

WOWOWのドラマ「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の完成披露試写会に出席した石田ゆり子さん
WOWOWのドラマ「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の完成披露試写会に出席した石田ゆり子さん

女優の石田ゆり子さんが、7月31日に東京都内で行われたWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の完成披露試写会に、主演の星野源さんや共演者らと登場した。透け感のあるブルーの総レーストップスに、ネービーのプリーツスカートというワントーンコーデで、黒いオープントゥパンプスを合わせた上品な大人のいでたちだった。

試写会には、共演の仲里依紗さんも、裾が大きなフリル状になった赤いミニワンピースに赤いショートソックス、ビビッドなピンクのサンダルというファッションで登場。中村ゆりさんは、個性的な黒系のワンピースに白×黒のバイカラーのストラップサンダル姿だった。ほかに眞島秀和さん、渋川清彦さん、スガシカオさん、吉田康弘監督、原作の誉田哲也さんも出席した。

ドラマは「ストロベリーナイト」などで知られる誉田さんの小説が原作で、“訳あり”な人たちが住むシェアハウスを舞台に、さまざまな過去を背負う厄介者たちの人間ドラマを描くミステリー。32歳のさえない営業マン・貴生(星野さん)は、仕事で失敗続きの上に好きだった女性にも相手にされず、憂さ晴らしに出かけた先で覚醒剤を打たれて逮捕されてしまう。会社は解雇され、火事で住む場所も失い、部屋を探すが見つからず、家賃5万円、掃除は交代制、個室の仕切りはカーテンのみという訳ありの住人たちが暮らすシェアハウス「プラージュ」に住み始める……というストーリー。8月12日から毎週土曜午後10時放送。全5話で、初回は無料放送。

杏:篠原涼子、宮沢りえ、石田ゆり子、樋口可南子と“春コーデ”競演

女優の杏さんが4月20日、東京都内で行われた資生堂の「新プロジェクト発表会」に、篠原涼子さん、宮沢りえさん、石田ゆり子さん、樋口可南子さんと出席。杏さんは、第3子妊娠の報道後、公の場に登場するのは初めて。この日発表された同社の新CMで着た、ふんわりとしたシルエットのグレーのアンクル丈ワンピース、白のフラットシューズという落ち着いた春のコーディネートだった。篠原さんらも色とりどりの春ファッションを見せた。

篠原さんは、鮮やかな黄の半袖ロングワンピースに茶色のベルトとサンダル。宮沢さんは、アシンメトリーなデザインの白いワンピースに黒のシューズを合わせたモノトーンスタイルだった。また石田さんは真っ赤なワンピースに、真っ赤なロングジャケット、ピンクのパンプスといういでたち。樋口さんは、濃紺のノースリーブトップスに紺のスカンツを合わせ、黄のストールをポイントにしていた。

この日は、しわ改善技術により、女性たちの豊かな表情を応援する「資生堂 表情プロジェクト」をスタートすることが発表されたほか、杏さんらが出演する新CM「資生堂 表情プロジェクト 宣言」編がお披露目された。CMには真木よう子さんも出演する。

柴咲コウ:西内まりや、石田ゆり子らと美の競演 ジュエリーベストドレッサー賞表彰式

「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式に出席した(左から)西内まりやさん、柴咲コウさん、石田ゆり子さん
「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式に出席した(左から)西内まりやさん、柴咲コウさん、石田ゆり子さん

女優の柴咲コウさん、西内まりやさん、石田ゆり子さん、中条あやみさんらが最もジュエリーが似合う著名人に贈られる「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」に選ばれ、1月24日東京都内で行われた表彰式に出席。柴咲さんは黒いオールインワン風のパンツスタイルで、西内さんは「着物をアレンジした」というベアトップドレス、石田ゆり子さんはビビッドなピンクトップス×黒のパンツ、中条さんはチェックを基調にしたロングドレス姿で、会場に集まった観客を魅了した。

柴咲さんは、美しいレースのインナーをVネックからちら見せ。今年注目のサッシュベルト風のリボンをアクセントに、ヌーディーカラーのネイルを合わせていた。西内さんはドレスに流行のチョーカーと黒いパンプスを合わせ、石田さんはラメのパンプスを合わせて華やかさをプラスしていた。また中条さんのドレスは、背中が大きく開いたセクシーなデザインで、流行色のバーガンディー(ワインレッドよりも色調が暗く茶が増した色)のネイルを合わせていた。

同賞は、ジュエリーが似合う著名人を世代別に表彰するもので、今回で28回目。10代は中条さん、20代は西内さん、30代は柴咲さん、40代は石田さん、50代は女優の賀来千香子さん、60代以上は女優の桃井かおりさんが受賞し、男性部門は俳優の三浦春馬さんが受賞。特別賞は、男性部門で体操の内村航平選手、女性部門で卓球の福原愛選手が選出された。表彰式には、賀来さん、桃井さん、三浦さん、内村選手、福原選手も出席した。

日本ジュエリーベストドレッサー賞:柴咲コウ、西内まりや、石田ゆり子らが受賞

女優の柴咲コウさん、西内まりやさん、石田ゆり子さんらが最もジュエリーが似合う著名人に贈られる「第28回日本ジュエリーベストドレッサー賞」に選ばれ、1月24日、東京都内で行われた表彰式に出席。柴咲さんは、「このような賞をいただき、とても感激しています」と喜んだ。

壇上でジュエリーを贈られた柴咲さんは「仕事柄、いろんな宝石を身につけることが多いけど、自分で普段着用するかというと、そのような機会はあまりなくて。今回この賞を受賞し、皆様の宝石を間近に見させていただいて、感激しましたので、今後は普段から身につけたい」とあいさつし、「どのような宝石を身につけても、中身が伴わないと似合わないと思いますので、これからも年を重ねるごとに、宝石が似合う女優になれれば」と語った。

同賞は、ジュエリーが似合う著名人を世代別に表彰するもので、今回で28回目。10代は女優の中条あやみさん、20代は西内さん、30代は柴咲さん、40代は石田さん、50代は女優の賀来千香子さん、60代以上は女優の桃井かおりさんが受賞し、男性部門は俳優の三浦春馬さんが受賞。特別賞は、男性部門で体操の内村航平選手、女性部門で卓球の福原愛選手が選出された。

石田さんは、第6回(1995年)の同賞を、20代部門で受賞し、今回40代部門で再度受賞。「(当時は)まだ子供で、アクセサリーは自分と距離があって、つけると緊張するような存在だった。さすがにそこから22年がたって、今47歳。宝石がいかに自分にとってお守りのような存在になっているかを、ここ10年くらい感じています」と話し、「私にとって宝石はお守りのような存在で、自分にパワーをくれたり、守ってくれたり、自分らしく存在するために力を与える物。素晴らしい存在」と語っていた。

また、壇上でパールを贈られた西内さんは、「このようなすてきな賞をいただき、ありがとうございます」と喜び、自らの衣装をつかんで「実はこれは着物なんです。(パールということで)着物をアレンジした衣装で来ました。どうでしょうか」とにっこり。中条さんは、「来月20歳になるんですが、10代最後の年にこんなすてきな賞をいただけてうれしい。いただいた宝石のようにいろんな方に磨かれて、自分でも磨きをかけて、キラキラと輝けるように頑張りたい」と喜んでいた。

石田ゆり子:人気ヘアメーキャップアーティストのメーク本でモデルに

石田ゆり子さんがモデルを務めた岡野瑞恵さんのメーク本「大人のMake Book」の表紙
石田ゆり子さんがモデルを務めた岡野瑞恵さんのメーク本「大人のMake Book」の表紙

女優の石田ゆり子さんがモデルを務めたメーク本「大人のMake Book」(ワニブックス)がこのほど、発売された。女優や女性タレントのヘアメークを手がけるヘアメーキャップアーティストの岡野瑞恵(たまえ)さんによる初めてのメーク本で、石田さんは表紙のほか、メークのプロセスを紹介する写真まで、全編にわたってモデルを務めている。

岡野さんは1969年生まれ。大手化粧品メーカーでヘアメーキャップを担当後、2006年からフリーのヘアメーキャップアーティストとして活動している。シンプル&ベーシックを基本にした、大人の女性を輝かせるメークテクニックで支持されている。

「大人のMake Book」は、「ベースメイク」「アイメイク」「纏(まと)うチーク」「リップメイク」「メイク直し」の5章立て。大人向けの“肌作り”を徹底解説しているほか、出かける場所などに合わせてメークをアレンジする“肌の着替え方”も紹介している。価格は1620円。

「大人のMake Book」(ワニブックス)に掲載されたビジュアル(C)emiko tennichi
「大人のMake Book」(ワニブックス)に掲載されたビジュアル(C)emiko tennichi